ホーム>癒しの森のアリスブログ>2015年3月

2015年3月

つくしのバウンドケーキ

 

灰汁取りしたつくしでバウンドケーキを作りました。

Photo_4生地につくしを混ぜ

Photo_5手早く混ぜ合わせて

Photo_6型に流し込んでオーブンで焼き上げます。

Photo_7
焼き上がりです。

Photo_8カットしていただきましょう。

 

Photo_9
ギフト包装しました。

Photo_10春の慧寝るーぎーをお届けします!

昔から、春の山菜として親しまれてきたつくし。
国産小麦粉、自然卵、粗製糖、無添加バター
などを使い、安全でおいしく、愛情こもったお菓子作り
を守って来たアリスがお届けする春の便り。

「春のエネルギーを感じてみて下さい。」

さあ
春の息吹を召し上がれ!

もしご入用の方はお早めに!

1本 1600円+税

送料は 650円+代引き手数料

つくしの収穫から灰汁取り

 

春、桜のつぼみが膨らみ始めるころ、

土の中からニョッキリ頭を出すつくし。

アリスの隣で農薬を使わず野菜を育てる木村さんの 土手に生えるつくしを摘みました。

Photo硬くて食べられない袴を手で取ります。

これが一番面倒な作業です。

Photo_2
灰を入れてあくを取ります。

Photo_3後は、佃煮、てんぷらなどの使えます。

3月17日の小山内先生のローズセミナー

 

先週の17日火曜日

今年2回目の小山内先生のローズセミナーを開催しました。

Photo前回(1月27日)1m以上あった「はつね」をバッサリ強剪定

約2カ月でPhoto_2こんなにたくさんの新芽がでてきました。

Photo_3
切った枝元の両側からも新芽が出ています。

講習前から、受講生の興味は先生がどういう芽を残すか!

Photo_4
同じ場所jから2~3個出ている芽は、弱い方をもぐ

ハサミで切ると、またそこから出てくるよ。

と言うことでした。

四季咲きのバラは、いい芽まで切り戻す

やっぱりリアルな勉強は分かりやすいですね。

 

そして

3月のポイントは

Photo_5
株の周りの中耕と草抜き

土の中に空気が入って根が太くなります。

また、空気が入ることでいい土壌菌が増えます。

 

3月は、枝・葉の整理と中耕が重要です。

 

その後肥料

Photo_7バラ専用肥料のバイオゴールドがお奨め

 

さらに根を太くするために

Photo_8バイオゴールド バイタルやリキダスがお奨め

 

さらに葉が3段目まで伸びたら

黒点病の菌が活動始めるので予防に薬剤散布を

 

さあ、これでこの春のバラは、見違えるような大きな、綺麗な花を咲かせてくれるでしょう。

他では聞けないバラを育てる深い話

次回もお楽しみに!

自家製スモークアンチョビ完成

 

イワシを指で開いて骨を取り

塩に漬けて約半年

発酵して、においがきつくなってきた頃

Photo
網に広げて

Photo_2燻製開始

2時間ほど燻製して

瓶詰めしてオリーブオイルに漬けます。

Photo_3


スモークアンチョビの完成。

ピザやパスタに最適です。

 

マイガーデン春号でアリスが紹介されています。

 

マルモ出版発行のマイガーデン春号

今回の特集は、兵庫の庭めぐり

昨年5月に撮影、1年越しの発行です。

Photo
その中で、上質な庭に時間を過ごす、兵庫のパティストリー、カフェ、レストラン

として、三田のパティシェ エス コヤマと三木市の風雅舎とともにアリスが紹介されています。

Photo_2


Photo_3
一度書店で手にとって見てくださいね。

 

来週20日には Coopのステーションの取材もあります。

5月発売のステーション6月号で、神戸二郎いちごを使ったスィーツが食べられる店

こちらもお楽しみに!

黒豆の味噌づくり

三田の友人が作る黒豆で味噌作り

水で洗って一晩浸けた黒豆を

指でつぶれるくらい柔らかくなるまで約5時間煮込み

Photo
三田の農家で作ってもらった米麹2Kg

Photo_2塩600gを加え、よく混ぜ合わせます。

Photo_3

煮あがって冷ました黒豆も麹と同量の2Kgを計り

ミンサーにかけます。

Photo_4
黒豆の煮汁250ccを加えてしっかり混ぜます。Photo_5
Photo_6しっかり混ざったら

Photo_7中の空気をしっかり抜いて団子を作ります。

Photo_9
味噌がめにたたきつけるようにして空気を抜いて詰めていきます。

Photo_10摘め終わったら、表面に塩をして完成!

ラップをして常温で保管します。

夏ごろには、もろきゅうでビールが美味しくいただけそうです。