ホーム>癒しの森のアリスブログ>スタッフブログ

スタッフブログ

秋色の国のアリスより 秋の味覚 栗が届きました。

 

残暑なしで迎えた今年の秋

少し肌寒い今日

三田の契約農家の田中さんから栗が届きました。

Photo
小ぶりの栗は早速

Photo_2栗ご飯に

 

大きめの栗は渋皮煮にする予定です。

 

ちょっと今宵は寒いので今年初のお鍋

Photo_3あんこうなべ 豆腐はもちろん豆匠さんのお豆腐です。

鍋ができるまで

Photo_4今夜はちょっと贅沢に焼き松茸

Photo_5ぼたんえび

 

そして

Photo_6以前

お客様から頂いてからはまっている

大関の生原酒

大関の工場直売です。

Photo_7ではいただきます!o(*^▽^*)o

薔薇色の国のアリスより 昨日は小山内先生のローズセミナーでした。

 

昨日 9月9日は小山内先生のローズセミナーを開催しました。

Photo_13
 

今年の8月は雨続き

黒点病で葉が落ちてしまったバラ

1本だけ伸びて形が悪くなったバラ

これでは、10月にはバラが咲かないのでは と心配の方

Photo_14
 

 

まだ間に合いますよ

葉っぱが無くなったバラも

剪定してあげると

活性化して芽を吹いてくれます。

 

そんな手ほどきを

 

Photo_15
下の方が枯れてきた葉っぱ

これはまだ元気なバラです。

 

Photo_16長く伸びた枝を切りそろえます。

 

Photo_17やる気のない枝

つまり目の無い枝は切り取ります。

Photo_18
そしてたとえ先端1mmでも切ると枝が活性化します。 

Photo_19

ほうら 長さがそろって

全部の葉っぱに陽が当たるようになりました。

 

Photo_20皆さん熱心に聞いていただきました。

質問時間もたっぷり

に丁寧に答えてくれる小山内先生です。

 

また次回お楽しみに!

秋色の国のアリスより 中秋の名月&秋の夜長を不思議の国へ

 

9月8日は中秋の名月そして昨夜 9日は満月でした。

東の森陰にのぼる月

Photo
ディナーのお客さまが駐車場から降りると

中秋の名月が迎えてくれました。

 

Photo_2まず、エントランスの植栽がお出迎えします。

 

ちょっとお食事前にお庭の散歩

Photo_3ガーデンにはキャンドルが灯ります。

 

Photo_4夏場はテラスでの食事も気持ちいですよ。

 

Photo_5外からのシルエットもいいでしょう。

 

Photo_6ガーデンハウスのバラのステンド

三浦啓子さんのステンドグラススクールで作ったものです。

 

さあ では中へどうぞ

Photo_7 

Photo_8

Photo_9アリスのうさぎがお出迎えします。

 

Photo_10暖炉のあるお部屋を通って

奥のお部屋へ

Photo_11
では、お二人のお席へ

Photo_12
秋の夜長を、アリスの世界でお楽しみください。

バレーボールかと思ったら巨大キノコ オニフスベ

 

アリスの駐車場の上の畑で毎日精を出す木村さん

御年九十ウン才

毎日、阪急西宮北口駅そばの自宅からバスで畑まで通って来れれます。

出来た野菜を人にあげるのが楽しみ

そんな木村さん「八濱くん ちょっと来てくれ! 見たこともない 何か変なもんがあんねん。」

行ってみると 木の株元にバレーボールが落ちている。

Photo触るとぶよぶよ

手に取ってみると 直径20cmほどのマッシュールーム?

 

ネットで調べてみると

オニフスベという 食用になるキノコでした。

キノコ図鑑 ご参考まで

http://www.kinoco-zukan.net/onifusube.php

台風11号の雨はすごかった。アリスの横を流れる船坂川の濁流もすごい

 

〆は台風11号

昨夜からの雨と午前中の台風の雨

アリスの横を流れる船坂川は濁流に

Photo
ちょっと下流の桂山荘前でも

Photo_2
やっぱりすごい

 

Photo_3
ベルグさん前でも

 

Photo_4船坂橋上から白水山を望むと

いつもあんなに穏やかな船坂川が泥水川です。

来年のホタル 大丈夫かな? ちょっと心配です。

 

そして船坂から有馬に抜ける県道51号線

JIBバッグの船坂アトリエ前

Jib
がけ崩れで電柱も倒壊

Jib2倒壊した電柱や樹木、土砂で道を塞いでいます。

ただ今県道51号線は通行止めです。

有馬に行くには迂回してください。

 

ガーデンに戻って来ると

アスパラが

Photo_5よし、自家製ベーコンで炒めましょう。

今宵もワインが美味しくなりそうです。

昨日は、小雨の中某大手企業の来年のカレンダーの撮影

 

昨日は、曇り時々小雨

ある大手企業の来年のカレンダー用の写真の撮影

Photo_4
朝9時から3時半までかかりました。

雨が上がるのを待ったり

ワンちゃんを使ったシーンもあったりでなかなか難航しましたが

なんとか無事に撮影完了!

ご苦労さまでした。

春色の国のアリスより ふきの佃煮も完成! モッコウバラがチラホラ咲きに

 

昨日の花山椒に続き

ガーデンに自生するやまぶき

Photo

摘んで、葉を取りしょうゆとみりんと酒と砂糖で煮詰めます。

 Photo_2

ふきの佃煮「きゃらぶき」の完成です。

口に入れると ふきのシャキシャキ感と香りが広がります。

春の恵みに感謝です。

 

咲き始めたモッコウバラが

ようやくチラホラ咲きに

Photo_3

もうすぐ満開です。

お楽しみに

春色の国のアリスより 花山椒の佃煮完成

 

4月下旬の数日

ガーデンの奥の花山椒の木が花を咲かせます。

Photo

若葉の間から房状の黄色い花を咲かせます。

 

でも佃煮のために、咲きかけで、つぼみのうちにで収穫します。

Photo_2

サッと洗って、水気を切り

酒としょうゆとみりんで煮詰めます。

 

Photo_3

佃煮完成。塩コンブ入りです。

 

上品な山椒の香りと柔らかいからさです。

ご飯もお酒もすすみます。

モクモクファームでイチゴ摘み体験

 

1月7日火曜日 快晴の一日

孫っちを連れて 三重県伊賀のモクモクファームにイチゴ摘み体験に行ってきました。

友人が主宰するJLC自然塾のイベントに便乗です。

 

まずは友人の本業は、 天理教の有馬口分教会の教会長

ということで

天理教本部のお節会 http://www.tenrikyo.or.jp/jpn/?page_id=2715

Photo

Photo_2

炭で焼いたお餅に、水菜とすまし汁を注いだシンプルなお雑煮

供えられた一つ2斗もあるお鏡を切るのも大変

お出汁にするいりこの頭とワタを取るのも大変

そしてお給仕も大変

裏方さんの大変さを思いつつ、美味しくいただきました。

満腹になったところで、いざ伊賀へ

 

Photo_3天理から名阪国道で約1時間

モクモクファームに着きました。

今回はイチゴ摘み体験学習です。

トイレ休憩の後

 

Photo_4集合場所へ

 

少し歩いて Photo_5イチゴハウスへ

ここは、イチゴを摘みやすいベッド式のイチゴ畑です。

 

Photo_6ガイドのお姉さんが、実の出来方や食べ方などを教えてくれます。

 

まずはいちごの花

Photo_7
そしてハウスの中には鉢の巣箱が

Photo_8そう いちごの受粉担当はミツバチでした。

Photo_9 

Photo_10
花が咲いて45日くらいで食べられる実に熟すそうです。

 

Photo_11
こんなに大きな実です。

 

ここでは、イチゴは一人7個までが決まりです。

というのも 実が大きいのでそれ以上食べると逆に気持ち悪くなってしまう。

と、長年の経験で、美味しく食べられるのは7個までとか

食べ過ぎて、いちご嫌いになって欲しくないからだそうです。

でも、お土産にパック1箱(300gは入ります。)のお土産付きです。

 

いちごを美味しく食べて、冬休みの宿題も完成。

子どもの冬休みにバッチリでした。

明けましておめでとうございます。今年の初仕事。

 

明けましておめでとうございます。

アリスは、本日3日より営業しています。

Photo
 

癒しの森のガーデンカフェレストラン Alice の抱負は

不思議のの国のアリスの世界へのさらなる挑戦です。

今春よりアリス雑貨の販売を予定しています。

有馬のアリス雑貨のお店として一歩踏み出します。

お近くにお寄りの節はお立ち寄りくださいね。

 

ガーデンのバラも増えました。

アリスの挿絵 ジョン・テニエルの絵のオブジェも

ガーデンに片隅に現れるかも

 

不思議の国のアリスのファンタジーの世界をお楽しみくださいね。

 

そんなアリスの今年の初仕事

それは、新年の集いのオードブル

Photo_2
海老、はまぐりのワイン蒸し、カブと人参の酢の物、スモークチキン、ごぼうのポーク巻き

Photo_3ソーセージのキッシュ、プチトマト、菜の花、真鱈のソテー、さばの燻製、ローストビーフ、きぬさや、ポテト

そして真ん中に黒豆

その他に、アリスの陰の人気者のパンと二郎いちごのケーキ

 

みなさん楽しくご歓談いただけたかな?

 

 

今年もいっぱい楽しいことがありますように! 

そしてだれかのお祝いしたいとき

アリスにお声かけてくださいね。

可能な限りご要望にお応えいたしますので。