ホーム>癒しの森のアリスブログ>宝塚歌劇

宝塚歌劇

ステキなお客様 宝塚歌劇団星組研1の 都優奈さんと奏碧タケルさん

 

昨夜のステキなお客様
宝塚歌劇団星組研1の都 優奈さんと奏碧 タケルさん

201692514518.jpg アリスの長年のお客様 大野さんのご招待
大野さんの卒業校の後輩が奏碧さん
大野さんのお母さんは83歳でもう70年近い宝塚ファン...
山口県から毎回出かけてこられます。

10数年前にお連れされたのが蘭乃はなさんでした。
同じく研1の時
その時の蘭乃さん 必ずトップになりますって目標宣言
本当にその通りに これもイメージングですね

大野さんにご招待されたらトップになる。そんなジンクスが生まれる予感。

そして都さんからのサプライズ
ピアノを弾いて歌ってくれました。
未来の歌姫 楽しみですね。

素顔はお出しできないので、マスクで

今日は、毎年7月に発行される宝塚レビュー 花組娘役トップの花乃マリアさんの写真撮影

 

数日前は雨の予報だった今日 5月11日

反していい天気の五月晴れ

午後から、毎年7月に発行される「宝塚レビュー」

花組娘役トップの 花乃マリアさんのスチール撮影

写真は公表できないですが

発行後ご購入してお楽しみいただければ幸いです。

Photo撮影は満開のモッコウバラをバックに

肌が抜けるように白いまりあさん

フランス人形のように、本当にかわいい、きれい

としか言えないです。

本当に選ばれた人ですね。

さぞかし、我がモッコウバラも喜んでくれているでしょう。

 

でもとっても気配りで来て、素直なお嬢さん

これからの舞台が楽しみです。

 

帰りにサインいただきました。

Photo_2そして 公演パンフ

Photo_3のマリアさんのページにも

10
お肉がお好きのまりあさん

アリスのおしいしい三田牛是非お召し上がりくださいね。

宝塚星組公演 The Lost Glory -美しき幻影ーに行ってきました。

 

7月29日火曜日 宝塚歌劇星組公演 The Lost Glory -美しき幻影ーに行ってきました。

Photo
今回は専科の轟悠と星組トップ柚希礼音のダブルキャスト

男役トップのトップ 轟さんを見たくて行ってきました。

 

Photo_2

さすがに轟さん 迫力が違いますね。

そして柚木さんのダイナミックさも見所です。


その上、娘役トップは 夢咲ねね

宝塚使いステージで同期、碧海りま、壱城あずさ、美弥るりかと一緒に、「カフェ巡り」でアリスに来ていただきました。

 

Photo_3さすがに年季の入って来た娘役のトップ

歌、ダンス共に充実してきましたね。

 

そして演出は植田景子さん。

昨年の花具に8月公演 愛と革命の詩(うた)の演出の際

宝塚スカイステージで演出家紹介の番組をアリスで撮影

振り付けを手掛けたハンブルグバレー団の大石裕香さん

 

この日 ランチにお二人と大石さんのお母さま3名でランチにお越しいただきました。

ランチの後 は公演をご覧になられました。

私たちも、後を追うように歌劇場へ

席に着いた途端 照明が消えて開演 何とか間に合いました。

 

Photo_4


植田先生にはパンフレットと

 

Photo_5


色紙に

大石さんにも色紙にサインをいただきました。
 

Photo_6
この日は一日宝塚づけ

幸せな一日でした。

宝塚歌劇専門チャンネル 宝塚スカイステージの新番組 演出家プリズム第1回分をアリスで収録

 

先日、宝塚歌劇専門チャンネル タカラヅカ・スカイステージの9月からの新番組

「演出家プリズム~未来への扉~」

9月6日23:00~23:30に初回放送があります。(1か月に6回ほど放送)

9月の番組表は こちら

http://www.skystage.net/program/pdf/1309_skystage.pdf

 

この番組は、宝塚歌劇100周年。この100周年から新たな未来に向かって進み、さらに飛躍しなければならない宝塚歌劇。その未来に向けて、大きな原動力になるであろう若手演出家たちを対談形式で紹介するそうです。

 

第1回は 現在宝塚大劇場で公演中の花組 「愛と革命の詩(うた)」の脚本・演出を手掛けた植田景子先生と対談相手は、同じく花組公演の振り付けを手掛けた、ハンブルグバレエ団の新進振り付け師 大石裕香さん。

対談の場所選びは、植田先生が、ハンブルグの様な緑と水のあるところを希望してアリスを選んでいただきました。

Photo
まずは、不思議の国のアリスのDRINK ME で乾杯

 

Photo_2講演中の花組 蘭寿とむさんの写真を手にして

 

対談は、お二人のなりそめや演出・振り付けの苦労話など満載です。

放送を見て、公演を見るとまた違った意味で楽しめること間違いなしです。

宝塚ファンの方 必見です。

私たちも、公演楽しみです。